犬がノミやダニに刺されるシーズン。取り方と対策。

ノミやダニに刺されるシーズン

針の頭の大きさくらい小さいですがノミやダニは、犬や飼い主にとって大きな問題を引き起こします。一匹のノミは一日で400回以上も刺すのです。それはペットの血液の量りも多く消費するのです。また、雌のノミは犬に何百もの卵を産み、沢山の未来のノミ世代を無意識につくるのです。

ノミによるかゆみや刺されにより皮膚の炎症、アレルギー反応、皮膚潰瘍、毛の損失を起こします。ダニは単に皮膚に刺激を与えるだけでなく、ライム病、ロッキー山発疹熱などの疾患になる可能性もあります。そしてあなたにも、犬と同じ感染症にかかる危険があるのです。

治療はいつするのか?

ノミとダニのシーズンは、通常気温が上がり、夜は寒くなる晩春の時期に始まります。シーズンは夏まで続き9月や10月が最悪になることが多いようです。ノミは気温65F-80F、高湿度の条件で繁殖します。犬の治療の時期は、獣医は一年を通じて治療するのが良いといいますが、害虫が産卵し噛む前に治療するのが一番効果的です。

調べる

改良された製品によりノミやダニを安全に簡単にコントロールできるようになりました。今日では、予防的することが問題解決に繋がってきています。深刻な問題がない限り、家や庭にスプレイする必要はありません。

スポンサーリンク

スーパー、ペットショップ、獣医でも沢山のノミやダニ製品が購入できます。シャンプー、つける、タイプ、スプレー、ワイプ、首輪などがあります。シャンプーなどは状況を回避する効果があまりない可能性があるので注意しましょう。どんな製品でもラベルを良く読み、使用前に獣医に相談しましょう。不適切な使用により、ペットや子供に害を与える成分が含まれる製品もありますので注意しましょう。

あなたと愛犬の安全のためにこれらの点に注意してください

指示に従いましょう。

製品が犬用の場合、猫やその他のペットには使用しないでください。説明書きに「週おき」と書いてある場合は、毎日の使用はいけません。製品が家や庭用の場合ペットに直接使用するのはやめましょう。

自分を保護

使用の際は保護手袋を使いましょう。製品使用後は、直ぐに水と石鹸で手を洗いましょう。

副作用を見る

ペットが治療後に病気の症状を見せた場合行きつけの獣医に相談しましょう。毒による症状は食欲不振、うつ、嘔吐、下痢、過剰な唾液などがあります。

チェックしましょう。

ノミ用のクシでペットの髪をとかす、掃除をする、使用後は直ぐに袋の処分をしましょう。また、愛犬が過ごす芝の辺りは毎週掃除し、獣医推奨のペット用シャンプーでお風呂に入れましょう。森林や高い芝や雑草で犬が過ごす場合、ダニのチェックを徹底的にしましょう。

何よりも愛犬の健康を保つ。ノミやその他の寄生虫は健全なペットにはあまり影響を及ぼしません。弱い免疫を場所に住みつく傾向があるのです。ノミをコントロールするには予防が一番であることを忘れないでください。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)