ヨークシャテリアの健康リスク かかりやすい病気トップ5

silky terrier

利口で活発で好奇心旺盛。 ヨークシャテリア(ヨーキー)は愛すべき仲間です。 しかしながら、どの犬種も持っているように、ヨーキーも犬種ならではの病気を持っています。 あなたのヨーキーの健康リスクを知ることによって、予防、早期発見が可能になります。そして、それによりあなたの愛犬を常に最高の気分にさせることができます。

気管虚脱

気管の軟骨組織が変形して弱り始めると気管がつぶれます。 軟骨の力が弱まるにつれて肺の空気循環が困難になり、結果的に慢性的な咳、息切れ、運動困難、失神を起こします。

膵炎

膵臓から分泌される酵素が膵臓自身を消化しはじめることで起こる膵臓の炎症です。 原因は解明されていませんが、薬物、毒素、遺伝性、血中の過剰な脂肪、食餌が原因の可能性があります。 ヨーキーが膵炎で苦しんでいるようであれば、腹部の痛みや食欲不振などの症状があります。 また、嘔吐や下痢をして、結果として、脱水状態になる可能性があります。

スポンサーリンク

膝蓋骨脱臼

この先天性の病気はヨーキーの膝に影響を及ぼします。 膝の皿がはずれることによって歩行困難になります。 膝の関節への余分な負担によって肥満になると、両脚に影響を及ぼし、それによって、犬は虚弱になります。 また、この病気は犬の靭帯をさらに圧迫します。

出血性胃腸炎

簡単には、出血性胃腸炎は下痢という症状で現れます。 小型犬は大型犬より早く脱水状態に陥りやすいことから、下痢はヨーキーにとって命を脅かす症状になります。 ヨーキーの血便、重度の下痢、嘔吐、食欲不振に気が付いたら、すぐに獣医に連絡しましょう。

肝シャント

医学的に、門脈体循環シャントと言います。 この病気は肝臓を経由する腸管からの血流の異常に特徴付けられています。 これは、先天性の静脈の異常形成によるものです。 血液が肝臓を通らないと、毒素が体中をめぐり、発育不全、重度の体重減少、態度や性格の変化、発作などを引き起こします。

食事と運動は長期に渡ってあなたの愛犬の健康を維持することができることを忘れないで下さい。

病気を最小限にするためのヨーキー専用の病気予防策について獣医と話すのもいいでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です