トイプードル。品種の起源や歴史、進化など。

おすすめ!


トイプードル種が生まれて数百年が経ちますが、その歴史は謎に包まれたままです。歴史学者の見解では、トイプードルはドイツに起源を持ち、ロシアの影響を受けつつ、フランスで今の姿になったとされています。フランスではトイプードルが国民の犬となっています。

トイプードルはスタンダードプードルの下位品種だと多くの専門家は言います。これは確かではありませんが、スタンダードプードルが先で、後になってミニチュアプードルやトイプードルが生まれたのは事実です。マルチーズとトイプードルには繋がりがあるという説やイベリア半島のスパニエル犬と関係があるという説もあります。

スポンサーリンク

Toy poodles ~ love on Pinterest | 138 Pins

貴族にも選ばれたトイプードル

トイプードルは17世紀の絵画に多く描かれており、王族のお気に入りだったと言われています。フランスのルイ16世とイングランドのアン女王が所有していました。18世紀にはWhite Cubanの名で知られるトイプードルの人気が非常に高まり、高貴な女性のペットとなりました。

トリュフ犬としての価値

トイプードルはイングランドのトリュフ犬の先祖だとも言われています。希少なトリュフの匂いがする地面を掘るように訓練されていました。知能が高く、鋭い嗅覚を持っているので、この任務に適していたのです。
現在でもトイプードルは学びが早いと言われています。他の品種よりも覚えるのが早く、アメとムチに対して並外れた感受性を持つのです。また活発で忠誠心があるので、品評会でも、ペットとしても人気者です。生まれがどこであれ、トイプードルは広く愛されているのです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です