ダックスフンドのしつけ方。鋼鉄の意志をどう変える?

おすすめ!


Breeds Dog: Dachshund Dog Breeders and Price

ダックスフンドを形容するのに「よく遊ぶ」「エネルギッシュ」「心奪われる」などという言葉が使われます。しかし、その裏では飼い主さえも疲弊させる鋼鉄の意志を持っています。

秘密の狩猟犬として育てられたダックスフンドは飼い主から独立して素早い決断をする状況がよくあります。判断が揺らいでしまうと生き残れないのです。こうした特徴は現在でも残っていて、飼い主に難題を突きつけます。

飼い主の意向がどうであれ、ダックスフンドは自分のやり方を通したがります。テニスボールを追いかける時でさえもこうした決意を示します。なので、逆に飼い主を訓練する結果になることがよくあるのです。

スポンサーリンク

ダックスフンドを教育する重要性

ダックスフンドを教育するのは紛れもなく大変なことです。しかし、だからこそ重要なのです。教育しないとダックスフンドを危険な状況に追い込んでしまいます。特に家の周りに危険な場所があればなおさらです。ダックスフンドは他の犬と比べて好奇心や意志が強く、危険なものに近づいてしまいます。教育することで本来怖がって近づくべきでないものから守ることができます。

服従訓練によっても家族の中の順序が守られ、統制が効くようになります。一回の訓練時間は五分以内と短くしましょう。そしてそれを日に2〜3回繰り返します。少しご褒美をあげて、モチベーションを保ちましょう。とりわけ次のことに注意してください。

忍耐強く

ダックスフンドの訓練は上手くはいきません。しかし、繰り返し行うことであなたの期待通りに動いてくれるでしょう。

厳しく

あなたが「群れのリーダー」として振る舞うことで、ダックスフンドとの関係がより強固になります。

もしダックスフンドが大好きであれば、こうした訓練を行うことでその後どれだけ楽しい時を過ごせるかを想像してみてくださいね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です