愛犬と海水浴を楽しもう!!連れていくときの5つのポイント。

おすすめ!


楽しい夏のひと時を愛犬と一緒に海水浴で楽しみたいという飼い主が増えてきています。でも、海水浴場には、多くの人が集まります。また、汗腺のない犬にとっては夏の厳しい暑さは大敵ですね。ここでは、海水浴を愛犬と楽しむために注意してほしい5つのポイントを紹介しましょう。

1.犬を連れて行ってもよい海水浴場ですか?

海水浴場には、多くの人が集まります。その中には犬が苦手な方やアレルギーを持っている方もいます。そこで、海水浴場によっては、犬の立ち入りを禁止しているところがあります。

事前に海水浴場へ犬の立ち入りは禁止されていないかを確認しましょう。

最近では、犬と一緒に楽しめる「犬同伴専用」の海水浴場もあります。愛犬家同士なので安心して愛犬と海水浴を楽しめますね。

2.海水浴場には日陰がありません!

雲一つない晴天の場合、海水浴場には日陰がないので犬が熱中症などになりやすくなります。

また砂浜も60度以上の高温になってしまいます。犬は、人間よりも低い位置にいるので、この熱の影響をとても受けやすいですね。

できれば早朝や夕方など比較的涼しい時間帯に連れていきましょう。

またあまりに砂浜が熱いと肉球をやけどしてしまう恐れがあります。飼い主が砂浜を触ってみて熱くないかを確かめてあげましょう。

スポンサーリンク

3.水をたくさん持っていきましょう!

犬が誤って海水を飲んでしまう可能性があります。この場合、塩分過剰摂取になり下痢をしやすくなります。

また暑さのため喉が渇きやすいので、きれいな水をいつでも愛犬が飲めるようにたくさん持っていきましょう。

余った水は、海水でべたついた被毛を洗い流すことに使えますから、ポリタンクなどを用意するといいですね。

4.ノーリードはダメです!

楽しい海水浴、人がいないからと言って犬をノーリードで遊ばせてはいけません。

いつ人が来るかわかりませんし、犬が苦手な人もいます。

何より泳ぎが上手な犬ばかりではありませんよ。愛犬の安全のためにもノーリードには絶対しないでくださいね。

5.犬用のライフジャケットを着せましょう。

愛犬の安全のためには、ぜひ用意しましょう。

最近ではサイズも豊富にあり、きっと愛犬に合ったものが見つかります。

まとめ

愛犬と一緒に海水浴を楽しむためには、時間や場所、持っていくものなどを十分考慮して連れていきましょう。

また、水遊びがとても好きな犬種と苦手としている犬種がいます。もちろん個体差がありますが、愛犬が海水浴を嫌がるようなら海水浴は犬にとっては大きなストレスになってしまいます。そのときは、愛犬との海水浴は考えないほうがいいでしょう。

もちろんヒート中の犬も海水浴には連れて行かないようにしましょうね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です