ペンギンをペットとして飼いたい!可能な種類・販売価格や飼い方は?

おすすめ!


ペンギンがチョコチョコ歩く可愛い姿はとても心が癒されますね。そんなペンギンをペットとして自宅で飼ってみたいと思ったことはありませんか?ここではペンギンをペットとして飼うことができるかどうか、そしてペンギンを購入するときの価格や飼い方について紹介しましょう。

ペンギンはペットとして飼うことはできます

ペンギンをペットとして自宅で飼うことはできます。ペンギンには大変多くの種類がありその中でもフンボルトペンギンとケープペンギンは、ワシントン条約によって保護されているペンギンです。そのためこの2種類のペンギンに関して輸入などの商取引が厳しく規制されています。この2種類のペンギンは生息地から日本に持ち込むことはできません。ただ日本国内で繁殖された個体を入手することはできますが、個人的に購入することは大変難しいといえます。

ペットとして飼うことができるペンギンの種類は?

基本的にはフンボルトペンギンとケープペンギンの2種類のペンギン以外は、自由に輸入してペットとして飼うことができます。ただ南極などの寒冷地に生息しているペンギンは日本の環境下では飼育することが大変難しいといえます。でもペンギンの中には比較的暖かい地域で生息している種類もいます。日本の風土・気候などを考えると暖かい地域に生息しているキングペンギン、ハネジロペンギン、コガタペンギンなどが飼いやすいでしょう。
<

ペンギンの購入価格はどれくらい?

ペンギンの購入価格は、ペンギンの種類によって違いがあり「時価」とされているところがほとんどです。おおむね一番安価な場合でも70万円以上の値段がすると言われています。

とくに繁殖が難しい皇帝ペンギンは1000万円以上することが多いようです。キングペンギンはだいたい250万円前後で取引されています。ペンギンの価格については直接販売しているペットショップに問い合わせてみることをおすすめします。

ペンギンの飼い方は?

ここではペンギンを飼うときの設備、餌などの世話の仕方を紹介しましょう。

1、 ペンギンを飼うための設備を整える

ペンギンを飼うためには、まずストレス解消のためにペンギンが泳げるスペースが必要になります。プールや池などがあれば理想的ですが風呂桶などを利用することもできます。ちなみに水は海水が基本です。海水が手に入らない場合は淡水に塩を入れ海水に近づけるようにしましょう。

スポンサーリンク

ペンギンが快適に過ごせる温度を保つことができるスペースが必要になります。お風呂場の大改装が必要になりそうですね。

2、 ペンギンの餌

ペンギンは、毎日大量に魚を食べます。魚以外は食べないのでその餌代が毎月10万円以上かかることを覚悟しましょう。動物園などでは、冷凍した魚を解凍してペンギンに与えています。生魚より価格が安く供給が安定していること、寄生虫の心配ないがないことがその理由です。

3、ペンギンの世話で大切なこと

糞のこと

ペンギンは毎日魚をたくさん食べるので糞はかなりの悪臭です。つねにきれいに掃除をしておかないと近所の方から悪臭で苦情が来るかもしれませんね。またペンギン自体も生臭さがあるので注意が必要でしょう。

鳴き声のこと

ペンギンは思った以上に大きな声で鳴きます。その声はかなりうるさいので防音設備も必要になるでしょう。

このほかペンギンはとても寂しがり屋なので飼い主がしっかりかまってあげるか多頭飼いする事が必要です。

まとめ

ペンギンをペットとして飼うことはできますが、犬や猫など以上にコストがかかります。また病気になったときにすぐに診察してくれる獣医師もほとんどいませんね。確かにペンギンは可愛いですが環境や飼育のことを考えると個人でペットとして飼うことはかなり難しいといえるでしょう。

〔amazon〕憧れの「野生動物」飼育読本

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です