ヨークシャーテリアの体重や性格は?しつけるときの注意点をまとめました。

ヨークシャーテリアは、「ヨーキー」という愛称で親しまれています。きれいな絹のようにツヤツヤした被毛がとても美しい犬ですね。このヨーキーの体重や性格、そしてしつけるときの注意点を紹介しましょう。

ヨーキーとはどんな犬?

ヨークシャーテリアの正式な犬種名は「ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャーテリア」という大変長い名前です。愛称はヨーキーとして知られていますね。

この犬は、イギリスで19世紀に作出されたまだ新しい犬種です。テリア系のヨーキーは、室内でネズミを捕る犬として作られています。そのためテリア気質をしっかり受け継いでいるといえるでしょう。

ヨーキーの体重はどれくらい?

ジャパンケネルクラブではヨーキーの標準体重は3.1kg以下とされています。チワワとともに最も小さい犬と言われています。

とはいえまだ新しい犬種であり、作出時に中型犬のテリアが使用されたこともありまだ大きさなどの性質が固定されていないといえます。そのため標準よりも大きいヨーキーが産まれることが良くあります。

ヨーキーの性格は?

ヨーキーはその愛らしい姿からは考えられないほど勇敢で頑固で負けん気が強いところがあります。ヨーキーにはテリアの血が脈々と波打っているといえるでしょう。そのため一度主人と決めた相手には、最大限の信頼と深い愛情を示します。

とても寂しがり屋でいつも飼い主さんと一緒にいたい性格で、膝に乗ったりすることも大好きです。いつも愛犬と一緒にいたい方には最適な犬種といえるでしょう。またとても明るく活発で好奇心旺盛な性格といえます。気位が高いところがあり、飼い主さんの言うことを素直に聞かないこともあります

またとても頭が良く物覚えがいいですね。反面、頭が良く頑固なのでかわいがりすぎるとわがままで飼い主に噛みつくなどの問題行動をすることがあります。そのため子犬の頃から主従関係をはっきり認識させ、しっかりとしつけをすることがとても大切です。

ヨーキーをしつけるときの注意点

スポンサーリンク

ヨーキーをしつけるには、子犬の頃から根気よくしつけることが大切です。飼い主さんは、気位の高いヨーキーの性格を利用し褒めることを大切にしてしつけるといいでしょう。ヨーキーのしつけには、根気が必要ですよ。

飼い主さんがリーダーとして振る舞うこと

ヨーキーはテリア系の犬です。テリア気質を受け継いでいるので飼い主さんは、毅然としたリーダーとして振る舞う必要があります。ヨーキーのしつけで最も大切なのは、ヨーキーに主従関係をはっきりと認識させると言うことです。飼い主さんが1番、ヨーキーが2番とわかるとしつけがしやすくなります。

飼い主さんのペースで生活をすること

食事の時間や散歩の時間などは、飼い主さんがすべて決めましょう。食事はもちろん飼い主さんが先、ヨーキーはあとです。ヨーキーがわがままを言っても可愛いからといって許してはいけません。ヨーキーの機嫌をとるようなことをしてはいけませんよ。

遊びも飼い主さんのペースで

体の小さなヨーキーは、気分転換として散歩をするといいでしょう。散歩の時間などはすべて飼い主さんが決めましょうね。

雨の日や寒い日は室内の運動だけでも十分です。その際遊びをはじめるのも終わるのもすべて飼い主さんのペースで行いましょう。引っ張りっこなどでわざと負けてあげると自分の方が強いと勘違いしてしまうことがあるので遊びもしつけの一環と考えておくといいですね。

飼い主さんはいつも同じ態度で

ヨーキーは飼い主さんに服従し、一緒に過ごすことで喜びを感じます。飼い主さんは、自分の気分で褒めたりしかったりすることがないように注意しましょう。飼い主さんの態度が気分によって違ってしまうとヨーキーがどうしていいのかわからずに問題行動を起こす可能性があります。

まとめ

ヨーキーは愛らしい容姿とは違ってかなり気性が激しいところがあります。そのためしつけが難しいとも言われています。でも、しっかりとしつけられたヨーキーは飼い主さんにとって従順な最高のパートナーとなるでしょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です