あなたのビーグルは音に敏感ですか?

どの犬も大きい音のファンではないですが、ビーグルは特にそれらを恐れます。雷や芝刈り機、そしてドアを強く閉める音などの日常の音でさえ、この音に敏感な品種をひどく怖がらせ破壊的な行動や逃げさせることができます。治療しないままにしておくと、この問題はあなたとあなたの犬にとってもっとストレスの多い日常とすることができます。

あなたのビーグルの音感度に簡単な治療法はないけれども、これらの方策は彼の恐怖を減らす手伝いができます。

あなたの犬の敏感性を減らすことに取り組む

何の音があなたの犬を最も怖がらせているかを見つけ出しそしてその音を記録します。その録音を数分間とても小さな音量であなたの犬が他のアクティビティに集中させている間ながします。賞賛とご馳走で彼に冷静な態度への報酬を与えます。毎日あなたの犬がもうその音を気に止めなくなるまで繰り返します。それから音量と持続時間をあなたの犬がその音に脱感作するまで増やします。

安全な場所をつくる

あなたの犬に静かな場所、例えば木わくを、彼が彼を怖がらせる音を聞いたときにはいつでも行けるように与えます。その場所を彼にお気に入りの噛み具を与えることによって彼を惹きつける前向きな経験にします。

スポンサーリンク

ゲームで彼の気をそらす

初めてあなたの犬を困惑させる音を聞いたとき、ボールで遊ぶなどして彼が楽しめるアクティビティですぐに興味を引くように試みてください。そのアクティビティに引きつけるため賞賛とご馳走で彼に報酬を与えます。もし音量が大きくなるにつれて彼の注意を保つことができなかったら、またはあなたの犬が怯えだしたら、その作業をやめてください。

避けるべき事:

  • あなたの犬が怖がっている時に可愛がったり、なでたり、またはご馳走をあげたりはしないでください。彼はそれを怖がる態度への報酬だと思うかもしれません。
  • 彼をより怖がらせてしまうだけになるでしょうから、あなたの犬を罰しないでください。
  • あなたの犬を彼が怖がっている音に近づけようと強制しないでください。彼は攻撃的や逃げようと試みるようになるかもしれません。

継続することがあなたのビーグルの敏感性を減らすことへの成功の鍵となることを覚えておいてください。もし時間とともに状況が改善しないもしくは悪化したときは、あなたの獣医に意見を求めてください。彼もしくは彼女があなたの犬の雷や花火といった予想できる騒々しい状況の間不安を減らす助けができる薬を処方できるかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です