猫の名前の付け方。和風や英語・フランス語でのおすすめは?

新しい家族として猫を家に迎えるときとても楽しみでありまた大変なのが「名前を付ける」ということですね。ここではこれから一緒に生活するかわいい猫の名前を付けるときに参考になるように和風や英語・フランス語のおすすめの名前を紹介しましょう。

猫の名前を付けるときに気を付けたいこと

できるだけ短い単語で名前を付けること

猫は自分の名前を認識することができるといわれています。ただ犬と同じように長い名前は覚えにくいようです。シンプルな名前を付けてあげるといいですね。

スポンサーリンク

また飼い主さんも猫を呼ぶときはできるだけ短い名前のほうが呼びやすいですよね。猫の名前の人気ランキングに入っている名前のほとんどが2文字から3文字ということもうなずけます。

多頭飼いの猫の場合は発音が違う名前にする

猫が混乱しないように多頭飼いのときの猫の名前はそれぞれの猫が自分のことだとわかるように発音が違う名前にしましょう。

同じような名前だと猫が聞き取りにくいため混乱しやすくなります。飼い主さんも間違えにくいのでできるだけ違う発音の名前にしてあげましょう。

和風の名前でおすすめは?

昔から猫の名前は猫の容姿から考えられるものが多いといえるでしょう。例えば茶虎の猫は「トラ」黒猫は「クロ」三毛猫は「ミケ」などです。日本猫独特の被毛の特徴をよくとらえています。

このほか最近では季節や花の名前、スィーツなど食べ物の名前を付けることが多くなっているようです。

よくつけられている和風の猫の名前

季節を感じさせる名前

小春・小夏・つらら・雪・もみじ・桃・さくら・牡丹など

日本古来の食べ物由来の名前

あずき・小梅・ワサビ・きなこ・こいもなど

日本の果物の名前

ゆず・みかん・いちご・りんごなど

和を感じさせる漢字を使った名前

大和・都・茜・桜子など

歴史上の人物の名前

信長・秀吉・葵・小次郎・茶々など

スポンサーリンク

日本語の美しい響きが感じられるような名前が多いですよね。また女の子の場合桜子など最後に「子」という漢字、男の子は「介、助」というような漢字をつけると和風の感じを表現することができます。

英語の名前でおすすめは?

英語圏のアメリカやイギリスでは映画やドラマに登場する人物の名前を付ける飼い主さんが多いようです。

最近のアメリカで人気の名前は「ベラ」です。これは人気ドラマ「トワイライト」のヒロインの名前に由来しています。またオス猫ではマックスやタイガーなどの名前もよく付けられているようです。またくまのプーさんに登場するTigger(ティガー)は男の子の名前としてとても人気があります。

おすすめの英語の名前

女の子

Bella(ベラ)Lucy(ルーシー)Kitty(キティ) Sophie(ソフィー)Princess(プリンセス)

男の子

Tigger(ティガー)Symba(シンバ)Max(マックス)Tiger(タイガー)Oliver(オリバー)レオ(Leo)

フランス語の名前でおすすめは?

ちょっとおしゃれにフランス語で名前を付けてみるのも楽しいですね。フランス語で特に人気のあるおすすめの名前を紹介しましょう。

おすすめのフランス語の名前

女の子

Minette ミネットMimi ミミMaya マヤKitty キティPrincesse プランセスNala ナラLuna ルナLili リリ

男の子

Felix フィリックスSimba シンバLéo レオTiti ティティTigrou ティゴホ(ティ-グル)

フランス語はとても美しい響きの名前が多いですよね。女の子の名前はかわいいという意味の言葉が名前になっているようです。またくまのプーさんに登場するTigger(ティガー)はTigrou ティゴホ(ティ-グル)といいます。フランスでもよく猫の名前に付けられているというのも面白いですね。

まとめ

新しい家族がやってきたときその子の名前を付けることはとても楽しいことですね。これからともに生活していくうえで名前はとても大切なもの。新しい家族の顔を見ながらその子に合った素敵な名前を付けてあげましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)