アラスカン・マラミュートを飼いたい!性格や寿命は?値段や飼い方の注意点など。

アラスカン・マラミュートは犬そりを引く力強い犬として知られています。日本ではあまり見かけることはありませんが、とてもワイルドな容姿が魅力的な犬ですね。このアラスカン・マラミュートを飼いたい方のために性格や寿命、値段や飼い方の注意点などについて詳しく解説します。

アラスカン・マラミュートとは

アラスカン・マラミュートはアメリカ原産の犬です。18世紀にアラスカのマラミュート族が使役犬として飼育していた犬がアラスカに入ってきた欧米人によって発見されました。

アラスカン・マラミュートの起源はよくわかっていませんが、そのDNAは極めてオオカミに近いといわれています。容姿もオオカミのように精悍ですよね。

スポンサーリンク

一見、シベリアンハスキーとよく似ていますね。でもアラスカン・マラミュートとシベリアンハスキーは違う犬種です。大きな違いは体の大きさにあります。アラスカン・マラミュートの方がシベリアンハスキーよりも一回り大きいですね。よく比べてみると耳の位置やノズルの形などが違うようです。

アラスカン・マラミュートの性格

従順で穏やか

アラスカン・マラミュートはその容姿はとてもワイルドで怖そうに見えますが、とても従順で穏やかな性格です。

家族に対してはとても愛情深いといえるでしょう。また、とても甘えん坊なところもあります。

警戒心が強い

家族を守るという意識がとても強い犬です。そのため警戒心が強く侵入者や知らない犬に対して攻撃的なところがあります。

集団でそりを引いていた歴史から仲間意識がとても強いですね。飼い主さんに危害が加えられないように守るという意識が強いのでしょう。

頑固な面がある

性格的にとても頑固な面があります。そのためしっかりとしたしつけが必要ですね。

協調性がある

集団でそりを引いていたので、信頼した仲間との協調性が高いといえるでしょう。その反面、仲間以外に対しては攻撃的になる可能性があるので注意が必要です。

アラスカン・マラミュートの寿命は?

アラスカン・マラミュートの平均寿命は10年前後といわれています。大型犬なので胃捻転や白内障、股関節形成不全に注意が必要です。

アラスカン・マラミュートの値段は?

アラスカン・マラミュートは日本ではあまり繁殖されていません。価格的には20万円くらいから血統の良い犬は100万円くらいするようです。

スポンサーリンク

アラスカン・マラミュートを手に入れるには現在はほとんど輸入になるようです。そのため犬の価格以外に輸入に関する費用が掛かることになります。

アラスカン・マラミュートの飼い方の注意点など

十分な運動が必要

アラスカン・マラミュートは元来、そりを引いていた犬です。とても体力のある犬なので毎日の散歩が欠かせません。

引き運動などを最低でも1時間は必要になります。できればノーリードで走らせてあげる時間を作ってあげましょう。毎日、しっかりと走らせてあげることが大切です。

アラスカン・マラミュートにとって運動不足は大きなストレスとなります。ストレスから攻撃性が高くなることもあるので注意しましょう。

寒さに強く暑さに弱い

極寒のアラスカで生活していた犬です。寒さにはとても強いですが、高温多湿の気候にはとても弱いといえます。

日本の夏は高温多湿になるので室内飼育し、夏にはエアコンが欠かせないでしょう。

従関係をはっきりさせるしつけをする

アラスカン・マラミュートをしつけるコツは子犬のころから主従関係をはっきりさせるということです。そりを引くときはリーダーの指示に従って行動しています。

そのため群れのリーダーである飼い主さんとの主従関係の確立がとても大切になってきます。また子犬のころから社会性を養うことも重要ですね。

被毛の手入れが必要

アラスカン・マラミュートの被毛はダブルコートです。しかも極寒の気候に順応していたためアンダーコートがとても密集しています。そのため毎日のブラッシングは欠かせません。

とくに換毛期の抜け毛は激しいのでこまめにブラッシングしてあげましょうね。

まとめ

アラスカン・マラミュートは日本ではあまり見かける犬ではアありません。とても賢く飼い主さんに従順な犬なのでしっかりとしつけができたアラスカン・マラミュートは飼い主さんの素敵なパートナーとなるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)