チベタン・テリアを飼いたい!性格や寿命は?値段や飼い方の注意点など。

チベタン・テリアはJKCへの登録数が毎年十数頭というとても希少な犬種です。どのような犬なのかわからない方がほとんどではないでしょうか。ここでは希少な犬種であるチベタン・テリアの性格や寿命・値段や飼い方の注意点などについて詳しく解説します。

チベタン・テリアとは?

チベタン・テリアはチベット原産の小型犬です。中型犬として紹介されていることもあります。犬種名に「テリア」とありますが、実際にはテリア種とは全く違うコンパニオンドッグです。

スポンサーリンク

その起源は日本でも人気のあるシー・ズーやラサ・アプソと同じといわれています。そのなかでもチベタン・テリアはチベットのロスバレーにある寺院で2000年にわたって大切に飼育されていました。そして幸福を招く犬としてチベットではとても大切にされている犬種です。

チベタン・テリアの存在が知られるようになったのは1920年に医師がイギリスへ連れて行ったためといわれています。ただ日本での知名度はとても低くJKCへの登録頭数は少ないというのが現状です。

チベタン・テリアの性格

明るく好気性旺盛

とても陽気で明るい性格の犬です。ほかの犬や人に対する攻撃性も低いので比較的飼いやすいといえるでしょう。

賢いが頑固な一面もある

とても賢く、自分で考えて判断することができます。そのため飼い主さんのコマンドでも納得しないことに対しては頑としていうことを聞いてくれないこともあります。

しつけるときは飼い主さんとの信頼関係がとても大切になります。飼い主さんと遊びながらしつけるとよく覚えてくれます。

家族に対して愛情深い

家族への愛情がとても強い犬です。室内でたっぷりの愛情で育ててあげましょうね。

チベタン・テリアの寿命

10㎏くらいの小型犬なので平均寿命は12歳から15歳と考えていいでしょう。被毛が目に入りやすい犬種なので角膜などの目の病気に気をつけるといいですね。基本的にはとても丈夫な犬といえます。

チベタン・テリアの値段

希少犬種であるチベタン・テリアですが、日本での知名度が低いためか平均価格は12万円から25万円といわれています。

スポンサーリンク

日本では数名のブリーダーが繁殖させています。ただ個体数が少ないので子犬を手に入れるのはとても難しいといえます。早めにブリーダーに予約しておくといいですね。

また輸入するという方法もありますが、動物の個人輸入はとても大変です。輸入する場合は輸入代行業者に依頼することをおすすめします。

チベタン・テリアの飼い方の注意点など

しっかりとした運動が必要

チベタン・テリアはチベットの遊牧民に飼育されていたということもあり小型犬ながらとても体力のある犬です。しっかりとした運動が必要なので毎日朝夕2回、30分程度の散歩が必要です。しっかり散歩させることでストレスを発散することができます。

被毛の手入れが必要

ダブルコートの被毛はオバーコートが少しウェーブのかかった長毛、アンダーコートは羊のような柔らかい毛になっています。放置しているとどこまでも伸びてしまい、また被毛が絡みやすいので定期的なグルーミングが必要です。

家庭では週に2回以上のブラッシングとコーミングが必要です。また目に被毛がかかると目を傷つけやすくなります。目の周りの被毛はカットしてあげるといいでしょう。

暑さが苦手な犬種なので夏は熱中症などに気を付けてあげましょうね。

しつけはコミュニケーションが大切

遊牧民と一緒に牧羊犬と同じような仕事をしていたのでコンパニオンドッグではあってもとても賢く自立心に富んだ犬種です。しつけるときはいろいろな遊びを取り入れながら犬とのコミュニケーションを大切にしてあげましょう。叱るのではなくできたときにたくさん褒めてあげることが大切です。

まとめ

まだまだ日本では知名度が低い犬種ですが、とても飼いやすい犬種です。ただ繁殖が世界的にもあまり活発に行われている犬種ではないようです。これから日本でも適切な繁殖が行われ、可愛いチベタン・テリアが増えてくれるといいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)