犬を飼い始めるとき近所へ一言挨拶すべき?トラブルを回避するためにするべきことは?

犬を飼い始めるときに気を付けたいのがご近所トラブルですね。ご近所には犬が好きな方ばかりではありません。できるだけご近所とのトラブルは回避したいものです。そのためには飼い主として犬を飼い始めるときにすべきことを考えてみましょう。

近所トラブルでよくあることは?

ご近所トラブルによくある苦情は次のようなことが考えられます。

鳴き声がうるさい

犬の鳴き声は犬が嫌いな人にとってはとてもうるさく感じるでしょう。また夜、犬が鳴く声はとても気になりますよね。犬の鳴き声に関するトラブルが最も多いので飼い主さんは気を付けましょう。

抜け毛が飛んでくる

犬の抜け毛は飼い主さんにとっても大きな悩みのひとつですね。犬を飼っていない家庭にとっては外から犬の毛が飛んでくることで不快になる可能性があります。

とくにマンションなどの集合住宅ではベランダでブラッシングなどは避けましょうね。

犬のにおいや糞尿のにおい

犬の糞尿のにおいが近所の方に迷惑をかけないように室内で排泄するようにしつけておくことが大切です。また庭などで排泄したときはすぐに処理するようにしましょう。犬の糞尿のにおいはかなりきついので、気になる方もいるでしょう。

犬を飼い始めるとき近所に一言挨拶すべき?

犬を飼うということで近所の方へ多少なりとも迷惑をかけてしまうことは確かでしょう。そこで少しでも近所の方とのトラブルを少なくするためにも犬を飼い始める前に近所の方へ一言挨拶することが望ましいといえるでしょう。できれば子犬を家に迎える前に近所の方へ挨拶をしておきましょう。

飼い主さんは「今度犬を飼うことになり、何かと迷惑をおかけするかもしれません。」「何かありましたらいってくださいね。」など先に近所の方へ伝えておきましょう。

スポンサーリンク

ご近所への挨拶をすることでその方が犬好きか嫌いかということがある程度わかるでしょう。もし何かあったときに犬が苦手な方への対処法を考えるときの役に立つかもしれませんね。

近所への挨拶の時に菓子折りを持っていくという方もいます。賛否両論ありますが、飼い主さんの考え方によるといえます。飼い主さんにとって近所付き合いがしやすい方法で挨拶に行くといいでしょう。

近所トラブルを回避するために飼い主がするべきこと

きちんとしつけること

犬をしつけることはとても大切です。ご近所トラブルを回避するためにも排泄や無駄吠えのしつけはとくに気を付けましょう。

無駄吠えは人によってはイライラすることもありますし、夜勤で昼間寝ている方もいます。また飼い主さんが留守の時に犬が吠えていないかを確認することも大切ですね。親しい近所の方に留守中に吠えていないか確認してみるのもいいでしょう。

犬が外で排泄したときはすぐに処理することです。放置するとにおいが周囲に広がってしまいます。また散歩のときにペットボトルに水を入れて持っていくこともいいですね。

先手で対処する

子犬のしつけがなかなかうまくいかないとき、犬の夜泣きなどで近所の方に迷惑をかけているかもと考えられるときは、苦情を言われる前に先に謝りに行きましょう。

先方が苦情を言うことを考えていたとしても先に謝られることでトラブルを回避することができるかもしれませんね。またご近所の方と顔を合わせたときに「ご迷惑をおかけしてすみません」などいとこと言葉を添えることも効果的のようです。

まとめ

自分の家で犬を飼うことが念願だった方も多いでしょう。これから待っている愛犬との生活を楽しいものとするためにも近所付き合いはとても大切です。ご近所同士、犬のことでお互いに不快にならないように飼い主は最大限の努力をしましょう。また戸建てのほうが飼いやすい犬もいますし、マンションでも飼いやすい犬もいます。犬を飼う前に自分の飼いたい犬種の特徴をよく確認し、ライフスタイルにあった犬を選ぶといいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)