犬に帽子は必要?被せる効果は?通販おすすめ4選

「え!犬に帽子を被せるの?」と驚いてしまう飼い主さんも多いでしょう。「犬に帽子なんて必要ないよ!」という飼い主さんがほとんどかもしれませんね。そこで本当に犬に帽子を被せる必要があるのかを考えてみましょう。また帽子を被せる効果と通販おすすめの犬用帽子を4選紹介します。

犬に帽子は必要?

わたしたち人間は紫外線対策や防寒などの意味で帽子を被りますよね。では犬には帽子が必要でしょうか?

じつは犬にも紫外線対策が必要なのです。とくに近年は紫外線が強くなったといわれています。紫外線が影響するといわれている皮膚がんや白内障を発症するリスクは犬にとっても飼い主さんと同様に高くなっていると考えていいでしょう。少しでもこのリスクを減らすためにも紫外線対策のひとつとして犬に帽子を被せる必要があるといわれています。

またサマーカットやプードルなどグルーミングでカットをしている犬は、防寒の意味でも帽子を被せるといいですね。

犬に帽子を被せることで期待できる4つの効果

「犬に帽子を被せるなんて!」と思っている飼い主さんのためにここでは犬に帽子を被せる効果について詳しくみていきましょう。

紫外線対策

人間と同じように紫外線対策として犬に帽子を被せるといいでしょう。紫外線は犬にとっても皮膚がんや白内障になるリスクを高めてしまいます。また活性酸素を作り出すことによって老化が早くなってしまう可能性があります。

まだ確実な研究結果が示されてはいませんが外飼いの犬の方が室内飼いの犬よりも白内障の発症率が高いともいわれています。

熱中症対策

熱中症は人間と同じように犬にとっても命に係わるたいへんな病気です。夏に散歩へ行く、キャンプや海を楽しむときなどに直射日光が犬に当たらないように通気性の良い帽子を被せてあげるといいですね。

防寒対策

寒さ対策としてニット帽などを犬にかぶせてあげるといいでしょう。冬は室内と室外との温度差が大きくなりがちです。犬が気温差で体調が悪くならないように帽子で少しでも寒さを防いであげるといいでしょう。

ケガ防止対策

あなたの愛犬は散歩の途中で草むらなどに頭を突っ込んだりしませんか?気が付いたら頭から血が出ていたなどの経験をした飼い主さんもいることでしょう。

犬に帽子を被せることでこれらのケガから犬の頭を守ることができます。

通販おすすめ4選

【ライフライク・LIFELIKE】マフラーニット帽 (S/Mサイズ)

 

防寒に最適のニット帽子ですね。耳が出るようになっているので犬がブルブルっとしても脱げることがありませんよ。首まですっぽりと隠れるので暖かいですね。

またマフラーとしても使えるのでその時に合わせて使い分けることができます。頭のボンボンが可愛いですね。

小型犬 キャップ TAIL UP

 

春から夏にかけて紫外線予防や熱中症予防・目の保護に最適のつば付きキャップです。頭にかぶってあご紐でとめます。さらに耳を出すタイプのキャップなので脱げにくいのもうれしいですね。サイズもSからLまであります。

犬用 帽子 UVカット 野球帽子 ブルー/ブラウン S/M/L

 

小型犬から大型犬用まで揃っているUVカット素材の野球用キャップです。耳を出すところもあるので脱げにくいので助かりますね。

犬用 PAパデッドハット / S,M,Lサイズ

 

防寒に最適なPAキャップです。裏のモコモコがとっても暖かいですよね。小型犬から大型犬までの豊富なサイズ展開で愛犬の大きさに合わせて選ぶことができます。

まとめ

犬に帽子は必要ないと思われがちですが、じつは紫外線対策などの4つの効果が期待できるといわれています。愛犬の健康は飼い主さんが気を付けることが大切です。愛犬の健康維持のためにも帽子を被せることを考える必要があるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)