小型犬を飼うのにかかる経費一覧。初期費用と月額はいくらになる?

小型犬を飼いたいけれど一体どれくらい掛かるのか気になりますよね。これから小型犬を飼いたいと考えている方のために必要になる経費を初期費用と月額いくらになるかを中心に考えてみましょう。

初期費用にはどのようなものが含まれるの?

犬を飼うための初期費用と言いますが一体どのようなものが含まれているのかわかりにくいですよね。ここでは初期費用とは何かを解説します。

犬の購入代金

どのような犬種を購入するか、どこから(ペットショップかブリーダーか)購入するかによって犬の購入代金はかわってきます。血統書がついている犬の場合平均して20万円前後すると考えておくといいでしょう。

犬を飼育するために必要なもの

犬を飼育するためにはケージ、トイレ、トイレシート、食事用の容器と水入れ、カドラーなどの犬のベッド、キャリーバッグが最低限必要なものになります。すべて手頃なものを購入したとしても1万円から2万円と考えられます。

このほか散歩へ行けるようになったときに必要になるのが首輪やハーネス(胴輪)とリードです。手頃なもので3000円くらいになりますよ。

ドッグフードは子犬用が必要になります。だいたい2000円前後ですね。

犬のためのグッズはこれから大きくなってからも使うものがほとんどです。成犬になったときのことも考えて購入するといいでしょう。またグッズ用品の価格は様々です。飼い主さんが気に入ったもの、使いやすいものを選ぶといいでしょう。

予防接種代金など

犬の健康を維持するためには、まず混合ワクチンを接種しなければなりません。子犬の場合はワクチンを定着させるために最低2回摂取します。生後1ヶ月半くらいまでに1回目のワクチン接種をしているときは3回のワクチン接種が必要になります。子犬を購入するときには、必ずワクチン接種の有無を確認しましょう。また混合ワクチンの種類にもよりますが最低でも6種混合ワクチンを接種することをおすすめします。

6種ワクチンを2回摂取すると12000円くらいになります。

スポンサーリンク

混合ワクチンの接種が終わったら法律に定められた畜犬登録と狂犬病の予防接種があります。畜犬登録料は地域によって違いますが3000円、狂犬病ワクチンが3000円くらいのところが多いようです。

すべて合わせると初期費用は27万円くらいになります。

月額はいくらぐらい必要?

毎月、必ず必要なものはドッグフード代金ですね。ドッグフードにもたくさんの種類がありますが一般的には1頭につき2000円~2500円のフードを購入する飼い主さんが多いでしょう。

このほかペットシーツ代が1000円前後と考えられます。またシャンプー代やおやつなどの雑費もあります。

毎年の混合ワクチン接種代金(6000円~)、狂犬病予防摂取代金(3000円前後)、フィラリア予防薬、ノミ・ダニ駆除代、定期健康診断代などの医療費が健康な犬の場合でも必要です。

これらを合わせると小型犬を飼うためには平均して月額約6000円かかると言えます。

病気になるとさらに医療費が必要に!

健康な場合でも月額6000円くらい掛かりますが、このほかアレルギーや心臓病などいろいろな病気になることもあります。そのときは治療に合わせた医療費が掛かることになります。

いざというときのためにペット保険に加入しておくといいですね。手術代金や治療費の全額または一部が補助されるので大変助かります。

参考)ペット保険は必要?不要?そのメリットとデメリットを解説します!

犬種によってはトリミング代も必要になります

プードルやシーズーなどは定期的なトリミングが必要になります。犬種によっても違いますがだいたい1回のトリミング代が5000円前後と考えておくといいでしょう。

まとめ

小型犬1匹を終生飼育するなら約150万円掛かると言われています。かなりの金額と言えますが、犬は飼い主さんに「癒し」というお金では買うことのできない素晴らしいものを与えてくれます。またたくさんの楽しい思い出も残してくれるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です