犬が怖い子供に慣れてもらうための克服方法5つ

お父さんやお母さんが犬好きでも子どもが「犬が怖い」ということがありますよね。でもお父さんやお母さんとしては犬と仲良く過ごして欲しいですよね。ここではそんな悩みを持つお父さんやお母さんのために犬が怖い子どもに慣れてもらうための克服方法を5つ紹介しましょう。

1.無理に犬に触らせようとしないこと!

犬を怖がっている子どもに無理にお父さんやお母さんが犬に近づけたり触らせようとしないことが大切です。

スポンサーリンク

犬を怖がる子どもにさらに犬に対する恐怖心を植え付ける結果になるかもしれません。まず犬は怖くない、犬といると楽しいということを子どもに感じてもらうことが大切です。

お父さんやお母さんが犬にやさしく接し、お手本を見せてあげましょう。最初は子犬や人が好きな犬との触れ合いがおすすめです。

子犬は無邪気で子どもを威嚇することはありません。また人が好きな犬は子どもにも優しく接することができます。

最初は犬に触ることができないかもしれません。犬との接触の回数を重ねるごとに子どもに慣れてもらうことができるようお父さんやお母さんは優しく見守ってあげましょう。

2.犬との正しい接し方を学ぶ!

私たちも知らない人には警戒しますよね。犬も同じなのです。知らない人に対しては「この人、自分を攻撃しないかなあ?」ととても警戒します。犬の警戒心を解いてあげるための正しい接し方をお父さんやお母さんが理解しておくことが大切です。

子どもにとってお父さんやお母さんはとても良いお手本です。お父さんやお母さんが犬と仲良く接することを見ることで子どもは犬に対するイメージも変わってくるかもしれませんね。

3.子どもの言葉に同調することも大切!

子どもが犬を見て「怖い」といったときお父さんやお母さんはどう対応しますか?

スポンサーリンク

犬が好きなお父さんやお母さんは「大丈夫、怖くないよ」と優しく諭してあげることでしょう。もう一つは子どもの「怖い」という気持ちに同調してあげることも大切です。

「そうね、犬、怖いね」と信頼しているお父さんやお母さんが同調してあげることで子どもは安心します。安心することで子どもの心にゆとりが生まれます。これを繰り返すことで犬に対する恐怖心を和らげることもできます。

4.犬を嫌いではなく苦手と表現しよう!

犬が怖い=犬が嫌いということになりがちですよね。これを「苦手」と表現するとどうでしょうか?言葉のニュアンスでかなり柔らかい表現になりますよね。

「私、犬が嫌い!」と思うより「苦手」と思ってしっかりと自分を表現できるようにすることも大切です。そのうえで「怖い犬だけではなく、優しい犬もいる」ということを優しく教えてあげましょう。

犬が怖いという気持ちはなかなか薄らぐものではありません。お父さんとお母さんは時間が必要だということをよく理解しておくことが大切ですね。

5.犬に対する楽しいイメージを感じさせよう!

子どもが犬を怖いと感じるのは、犬に対する悪いイメージがあるからかもしれません。犬に噛まれる、吠えられる、追いかけられるなどのイメージを子どもが持ってしまっているのかもしれません。

このマイナスのイメージを子どもから取り除いてあげるようにしましょう。かわいい犬のぬいぐるみや楽しい犬の絵本などを子どもと一緒に読んでみることもいいですね。

まとめ

子どもの犬が怖いという感情は、すぐには拭い去ることはできません。お父さんやお母さんはゆっくりと時間をかけて「怖い」という感情を和らげてあげることが大切です。また子どもの犬が怖いという感情を和らげるためには、犬に対するお父さんやお母さんの対応がとても大切になります。子どもにとってお父さんやお母さんはとても大切なお手本です。お父さんやお母さんは、「犬と過ごすことは楽しいこと」ということを子どもに伝えることができるようにしたいものですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)