老犬にやさしい缶詰・ドッグフードの選び方とおすすめ4選

犬は7歳以上になると老犬となります。老犬になると今までとは違い消化吸収や代謝が低下してきます。そのため飼い主さんは老犬にあったフードを選んであげる必要があります。ここでは老犬にあった缶詰・ドッグフードの選び方とおすすめのフードを4選紹介しましょう。

老犬にやさしい缶詰・ドッグフードの選び方

老犬にあったフードを選ぶときに飼い主さんが注意しなければならないポイントが3つあります。

スポンサーリンク

  1. 高たんぱく・低脂肪・低カロリーであること
  2. 消化吸収がいいこと
  3. グルコサミンなどの関節に良い成分が含まれていること

これらのポイントに注意して愛犬の状態にあったフードを選ぶことが大切ですね。

老犬のフードの選び方~高たんぱく・低脂肪・低カロリーであること

7歳以上になると犬はシニアになります。7歳未満のころに比べると一日の活動量が減って一日のほとんどを寝て過ごすことが多くなってきます。そのため一日の必要エネルギーも減少することになります。

シニアになって今までと同じフードを与えていると必要以上のカロリーを摂取することになり肥満になる可能性があります。肥満にならないためにも低カロリーのフードを選ぶといいですね。

また運動量が減ることにより筋力も低下してくることになります。筋力の低下を防ぐためには良質のたんぱく質を与えることが大切です。

老犬のフードの選び方~消化吸収がいいこと

犬はもともと肉類の消化が得意な動物です。そのため老犬のフードを選ぶときに良質の肉類が多く含まれているフードを選びましょう。原材料の肉はヒューマングレードのものがおすすめですね。

また成分表示に最初に肉類が表示されているもの、トウモロコシや小麦などが含まれていないグルテンフリーのフードがいいですね。

老犬のフードの選び方~関節に良い成分が含まれていること

老犬になると関節などが弱くなってきます。それは犬も人間も同じです。老犬用のフードにはグルコサミンやコンドロイチンなど関節にいい成分が含まれているフードを選びましょう。

新鮮な魚肉が含まれているフードは自然な形でグルコサミンなどを摂取できるのでおすすめです。

老犬にやさしい缶詰おすすめ2選

アニモンダ/グランカルノ/

ドッグフードなどの安全性にはとても厳格なドイツ原産の缶詰です。使用されている肉は冷凍ではなく新鮮なまま加工されています。そのためビタミンやミネラルなどの栄養素が多く残っています。

このほか「牛肉と子牛肉と子羊肉」があります。フードのトッピングやそのまま与えてもいいでしょう。

〔amazon〕アニモンダ グランカルノ アダルト 牛肉・鶏肉 400g (犬用)

スポンサーリンク

 

AATU(アートゥー)ラム

イギリス原産のウェットフードです。もちろんグレインフリー、ヒューマングレードの原材料を使用しています。

新鮮な肉を使用しており、高タンパクです。栄養素を凝縮しているので通常のウェットフードよりも少なめに与えるといいでしょう。

〔amazon〕【まとめ買い】AATU 犬用ラム400g×12缶ウェットフード 缶詰

 

老犬にやさしいドッグフードおすすめ2選

オリジン シニア ドッグフード

無添加のグレインフリー(穀物不使用)のシニア用ドッグフードです。消化吸収がよく、関節などに効果的なグルコサミンなどが含まれています。

フードに使用されている肉類や魚類などの原材料はすべてニューマングレードのものなので安心して与えることができますね。

〔amazon〕Orijen(オリジン) シニア 5.9kg [国内正規品]

 

モグワンドッグフード チキン&サーモン

全犬種全ステージ用のドッグフードですが、とても栄養バランスがよく高タンパクです。愛犬のステージによって与える量などを変えることによってシニアでも食べることができます。

もちろん、ヒューマングレードの原材料を使用し、グレインフリーなので安心して愛犬に充てることができます。

〔amazon〕モグワンドッグフード チキン&サーモン(1.8kg)

 

まとめ

愛犬と少しでも長く一緒にいたいですよね。そのためにも老犬になったときの食事がとても大切になります。老犬にやさしいフードの中でも愛犬にあったものを探してあげるといいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)