スッキリ見える!犬のお世話グッズ収納アイデア3つ

犬のお世話グッズの収納をどうしたらいいのか悩んでいる飼い主さんはとても多いでしょう。できれば犬がいてもすっきりと見えるお部屋にしたいですよね。ここでは犬のお世話グッズの収納に悩んでいる飼い主さんのために素敵なアイデアを3つ紹介しましょう。

犬のお世話グッズ収納法で知っておきたいこと

ペットシーツやドッグフードなど犬のお世話グッズにはいろいろなものがありますよね。このお世話グッズを収納するために飼い主さんが知っておくべきことが3つあります。

スポンサーリンク

収納する場所を決める

まずは犬のお世話グッズをどこに収納するかを決めましょう。飼い主さんが使いやすいところに一か所にまとめると便利ですね。

消臭剤などよく使うものは使ったら決まった場所に戻すようにすると必要な時に探すことがないですよ。

お世話グッズの種類ごとにまとめる

犬のお世話グッズにはペットシーツ、ドッグフードやおやつ、リードなどの散歩グッズなどいろいろな種類がありますよね。これらをすっきり収納するためには、種類ごとにまとめることが大切です。

収納アイテムを上手に利用する

キャスター付きの3段ワゴンやかご、ボックスなどいろいろな収納アイテムを上手に利用するといいですね。

お世話グッズ収納アイデア3つ

1.トイレ周りに必要なものはひとまとめにする

犬のお世話グッズでとても場所をとるのがペットシーツなどのトイレ周りのものですね。いつも使うものなので犬のトイレの近くにまとめて置いておくといいですね。

スポンサーリンク

キャスター付き複数段ワゴンを活用

ホームセンターなどでよく見かける複数段ワゴン。このなかにペットシーツ・消臭剤などをまとめておきましょう。キャスターがついているので移動も楽チン。ケージやトイレ周りに置いておくと便利ですよ。

バスケットにペットシーツを入れる

バスケットなどのカゴにペットシーツをまとめて入れておくと便利ですよ。小さめのバスケットのときは必要な枚数だけ入れておき、あとは納戸などに予備として収納するといいでしょう。少なくなったら補充するようにするといいですね。

壁面収納を利用する

壁の一面を犬のお世話グッズのスペースにすることもできますよね。ケージやトイレのそばに壁面収納を作っておくことでペットシーツや消臭剤などをとりやすくしましょう。

100均にある園芸用のバスケットを壁にかけてペットシーツを入れておくこともできます。トイレやケージの上に設置しておくとすぐに取り出せるので便利ですよ。

2.お散歩グッズは玄関に収納する

お散歩グッズは玄関に収納すると便利ですよ。玄関収納の扉の裏にハーネスやリードなどをフックにかけて収納するといいですね。

お散歩バッグはシューズボックスの一角に入れておきましょう。お散歩バッグと一緒に足ふきシートや処理袋を一緒に入れておくといいですね。

3.ドッグフードやおやつは密閉容器を利用する

ドッグフードや犬用のおやつは袋のままではなくそれぞれ密閉容器に移し替えるといいですね。同じ形のキャニスターにおやつを入れると中身がわかります。またインテリアとしても素敵ですよ。

ドッグフードはフードボックスに入れることで収納しやすくなります。おやつと一緒にまとめて置いておくといいですね。

まとめ

犬のお世話グッズをすっきりとさせるための収納は飼い主さんにとってとても大変なことですよね。基本は犬のお世話グッズは飼い主さんが使いやすいように収納することです。

愛犬とどこで過ごすのか、ケージに入れておくのか、トイレの場所はどこなのかということで収納場所や収納方法は違ってきます。

すっきり収納するためには種類別にまとめ収納場所を決めておくことが大切です。飼い主さんが収納のルールを決めて使いやすいように工夫してみましょう。

(Visited 40 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)