スコティッシュフォールドを飼いたい!性格や寿命は?値段や飼い方の注意点など。

真ん丸な顔にちょこっと耳が折れているスコティッシュフォールド。その愛らしい容姿で人気の猫種です。このスコティッシュフォールドを飼ってみたいと考えている方のために性格や寿命、値段や飼い方の注意点について詳しく解説します。

スコティッシュフォールドとは

スコティッシュフォールドはとても歴史の浅い猫種です。イギリスのスコットランド地方の農家で1961年に発見された耳が折れた猫スージーからその繁殖が始まりました。スージーが生んだ子猫の中にスージーと同じように耳が折れた猫がいたからです。

スポンサーリンク

本格的に繁殖され始めましたが初期のスコティッシュフォールドはとても遺伝的疾患が多い猫でした。そのためイギリスでの繁殖が禁止され、アメリカへと渡りました。

アメリカではアメリカンショートヘアやブリティッシュショートヘア、エキゾチックショートヘアなどと交配することで遺伝的疾患が少なくなってきています。

そのためスコティッシュフォールドのなかには耳が立った猫も生まれることがあります。最近の研究で耳折れ猫同士の交配では骨格異常の猫が生まれやすいということがわかっています。そこで現在は、遺伝的疾患のリスクを減らすため耳折れ猫同士の交配は認められていません。耳が立っているスコティッシュフォールドもしくはアメリカンショートヘア、ブリティッシュショートヘアとの交配が認められています。

スコティッシュフォールドの性格

温厚で穏やか

真ん丸お顔から想像できる通り、スコティッシュフォールドの性格はとても温厚で穏やかです。またとても甘えん坊なので飼い主さんにカマッテ欲しくて近寄ってくることもあります。

協調性がある

協調性がある性格なので子どもやほかの猫や動物と仲良くなることができます。また人懐っこく愛情が深い猫なのでどんな人や猫、動物でもいっしょに過ごすことができます。順応性が高いともいえるでしょう。

スコティッシュフォールドの寿命

スコティッシュフォールドの平均寿命は10年から13年です一般的な猫の平均寿命は15年といわれているので少し短いともいえるでしょう。

スポンサーリンク

スコティッシュフォールドはまだ歴史がとても浅い猫です。子の猫種はたった1匹の猫から交配が始まっているので比較的遺伝的疾患が多いといわれています。とくに軟骨の異常の遺伝性骨軟骨異形成症という病気や多発性嚢胞腎と呼ばれる腎臓疾患になりやすいといわれています。

定期的な検診と飼い主さんの毎日の観察がとても大切な猫です。

スコティッシュフォールドの値段

個体差はありますが、スコティッシュフォールドの平均的な値段は15万円前後と考えていいでしょう。

毛色はポイントカラー以外のすべての毛色が認められています。また長毛種と短毛種がいます。最近では長毛種のスコティッシュフォールドは珍しくなってきていますよ。

飼い方の注意点など

食事管理が必要

スコティッシュフォールドはあまり動くことがない猫です。そのため肥満になりやすい傾向にあります。年代に合わせたフードを選ぶことが大切ですね。飼い主さんはしっかり体重管理をしてあげましょうね。

定期的なグルーミングが必要

スコティッシュフォールドは長毛種と短毛種があります。長毛種の場合は被毛が絡みやすいので週2,3回のブラッシングをしてあげましょう。また短毛種の場合は、定期的なブラッシングやコーミングが必要です。

耳の掃除を定期的にする

スコティッシュフォールドは耳が折れている猫が多いので耳を清潔にしておく必要があります。定期的なお手入れを心がけましょう。

定期的な検診

スコティッシュフォールドは定期的な検診で病気の早期発見を心がけましょう。またかかりつけの動物病院を決めておきましょう。さらにセカンドオピニオンができる動物病院を探しておくと安心ですね。

まとめ

スコティッシュフォールドは遺伝的疾患が多い猫というイメージがありますが、特定の疾患にかかるリスクが高いと考えられます。完全に遺伝的疾患を予防することはできませんが飼い主さんが愛猫をしっかり観察することで早期に発見し、症状を緩和することもできます。とても温厚で人懐っこい猫なので一度飼うとその魅力に魅了されてしまうようですね。

(Visited 2 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)