セラピードッグとしてのトイプードル

おすすめ!


セラピードッグは病院や他の医療施設にいる患者さんの最も憂鬱な日々を明るくする力を持っています。セラピードッグの訪問は、娯楽を提供することにより、孤独感や落ち込んだ気持ちがやわらげ、苦しみや病気を改善させます。セラピードッグはアルツハイマー病の患者の注意・記憶障害にさえも役立つことができるのです。

トイプードルはその恐ろしさを感じさせない大きさ、頭の冴え、そして人を喜ばせる気質から、この手の仕事においては、トップを誇る犬です。何世紀もの間、サーカスのエンターテーナーとして起用されてきました。トイプードルはまた、パフォーマンスすることを愛し、容易に調教されました。

しかし、このような望ましい資質がどのトイプードルも自動的にペットセラピーの候補者とするわけではありません。それでは、ペットセラピー機関が要求している仕事上の能力について見てみましょう。

あなたのトイプードルは素質があるでしょうか?

社交的ですか?当然、セラピードッグは人々と交流することを楽しまなければなりません。優秀で従順な犬であっても、会った人にほとんど興味を示さなければ、よい訪問犬にはなれないでしょう。よそよそしい犬は静かで落ち着いているかもしれませんが、人々に拒否されたというふうに感じさせてしまいます。

スポンサーリンク

マナーはよいですか?礼儀正しい犬は呼ばれなければ、人を触ることはありません。犬にとって自分自身を抑制するのが難しければ、訪問することを喜ばないでしょう。とても人懐っこい犬は意向としては最高かもしれませんが、そのエネルギーと行動はときに人をびっくりさせたり、ケガをさせてしまったりすることもあるでしょう。

適応力がありますか?セラピードッグにとって、新たな状況にも冷静に対面できることが重要です。オマルの金属音、車椅子、風変わりな医療機器、病院のにおいや高齢患者の速くて、とっぴな動きに驚いてはいけません。

始めるにはどうすればよいでしょうか?

もし、あなたのトイプードルがセラピーの仕事に適していると考えるなら、セラピードッグインターナショナルに連絡するか、あなたの地域のセラピードッググループを探し出すのがよいです。犬を連れて行かずに、一人でオブザーバーとして何回か訪問する手配をしましょう。普通は、それらの機関は愛犬がよい候補者であるかを決定するための評価をします。もし、愛犬がよい候補者であるなら、その機関は保険を提供してくれます。それから、あなたにあなたの方法で多くの、多くの人々の命を輝かせるスタートを切らせてくれるのです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です