耳の聞こえなくなった犬へ配慮すべき5つのこと。

もしあなたの犬が年を取るにしたがって聴力を落としたり、難聴になったりしたら、それは彼とあなたの生活が変わっていくという印です。
安心してください。犬は耳が聞こえなくなっても一般的にはストレスに感じることはありません。
実際に、多くの犬が自信の不自由さに適応しています。
しかし、ペットを安全で幸せな人生へと導くためにあなたが適応しなくてはならないことがいくつかあります。

ハンディキャップを持った犬と生きていくには

話すのにはあなたの手を使いましょう。
手信号は楽しく犬とコミュニケーションをする手段です。
普段使っている動作とは区別をつけて、わかりやすいよく使い手振りをいくつか覚えましょう。
もし犬が命令を聞くようにしつけられていれば、手信号は通常より良く働きかけます。
加えて言葉の命令と一緒に覚えることで、手信号はより効果的になるでしょう。
犬が聞き取れる命令の手信号を作ることからできる限り始めてみましょう。
練習と忍耐で、あなたの犬は手信号だけで命令を理解できるようになっていきます。

犬への配慮すべきこと

1.親指を立ててあげよう

「イイね!」や、「よし!」のサインを作るのは大事なことです。
わかりやすいサインとして、親指を立てたり、手をたたいたりするのもいいですね。
ハンドサインと一緒に元気よく「よし!」や「いい子だ!」と言ってあげると、犬もあなたが喜んでいるのがわかります。

スポンサーリンク

2.一貫性を持たせよう

ハンドサインを作ったら、統一するようにしましょう。
家族同士でも同じハンドサインを使うようにしましょう。

3.優しく起こしてあげよう

眠っている犬を驚かせないようにしてください。
犬に触るときは肩の同じところを優しく触るようにします。
犬を起こすときには愛と思いやりを持たなければなりません。
お客さん(特に子供)が来ているときには、寝ているときには触らないように伝えましょう。

4.首輪に鈴をつけよう

老犬はあなたが呼んでいるが聞こえていない時があります。
だから、部屋の端から犬が駆け寄ってくるのを期待することはできません。
首輪に鈴をつければ、もし離れた部屋にいたとしても、いつ犬が動いた時がわかります。

5.犬がひきこもらないようにしてあげましょう

彼のできることをできるだけ制限しないようにしてください。
外に出て他の犬や人に合わせるのがいいでしょう。
散歩のときにはただ紐につないで、耳が遠いことを知らせるタグをつけましょう。
犬と遊んでいるものには、彼が耳が遠いことをちゃんと伝えなくてはなりません。

 

耳の遠い犬を躾けることはほんの少しの忍耐を必要とします。
しかしその努力によって犬はほんの少し聞こえる世界で幸せで自信に満ちた生活を送ることができるのです。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です