犬が蚊に刺されたときの症状と対処法を解説します。

初夏から晩秋にかけてあの嫌な蚊が飛び交う季節になります。飼い主さんも蚊に刺されるととてもかゆいですよね。では犬の場合は蚊に刺されるとどのような症状になるのでしょうか?ここでは犬が蚊に刺された時の症状と対処法について解説します。

犬が蚊に刺されると怖いのはフィラリアだけではない

蚊は春から初夏にかけて暖かくなるにしたがって活動が活発になります。それに伴って人間と同様に犬も蚊に刺される危険性が高くなってきます。

多くの飼い主さんは犬が蚊に刺されることで感染するフィラリア症という病気は知っているでしょう。その予防のために毎年予防薬を飲ませているから蚊に刺されても大丈夫と考えていませんか?

スポンサーリンク

フィラリア予防薬はフィラリアに感染することを防いでくれますが、犬が蚊に刺されることを防いでくれるわけではないのです。

犬も蚊に刺されることがあり、その結果フィラリア以外のいろいろな症状がみられることがあります。

犬が蚊に刺されたときの症状

犬が蚊に刺されたときにみられる症状は主に次のような症状です。

刺されたところが赤くなる

刺されたところが腫れ上がる

刺されたところのかゆみ

刺されたところをしきりに咬む、掻きむしる

刺されたところに触ることを嫌がる

まれにかゆみを伴わないこともありますが、多くの場合蚊に刺されたところをしきりに咬む、掻きむしるということがあります。そのため患部が赤く腫れあがり化膿してしまうこともあります。

このような症状がみられるときは人間の虫刺されと同じと考えられており犬の場合刺咬症といいます。

このほか蚊に刺されることでアレルギー症状が出てしまうこともあります。昆虫性アレルギー皮膚炎として最近多くなっている症例です。症状はかゆみ、皮膚が赤くなる、腫れるなどがみられます。また重篤な場合は発熱、喘息、呼吸困難などの症状がみられ最悪の場合はアナフィラキシーショックを起こすことも報告されています。

スポンサーリンク

犬が蚊に刺されたときの対処法

軽傷の場合は安静にさせる

犬の症状が軽いときは、犬を安静にさせるといいでしょう。人間の虫刺されと同じようにしばらくすると改善されてきます。しばらくは症状が悪化しないように様子を観察しておきましょう。

犬がぐったりしているなど様子がおかしいとき

蚊に刺されたあと犬がぐったりしているなど様子がおかしいと感じた場合は、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。アナフィラキシーショックを起こしている可能性があります。アナフィラキシーショックは人間と同じように犬の場合も一刻を争います。速やかな処置が必要になります。

蚊に刺された部位に薬をつけても大丈夫?

犬が蚊に刺されたところが赤くなったり腫れてしまい、とてもかゆがっているという症状を緩和させるために薬をつけてあげたくなりますよね。でも安易に市販薬は使用しないようにしましょう。

人間が使用する虫刺され薬はほとんどが抗ヒスタミンを使用しています。犬にはこの成分はあまり効果がみられないようです。

犬に虫刺され薬を使う場合は、ステロイドが含まれたものを使用するといいでしょう。市販されているかゆみ止めなどの薬にはデキサメタゾンというステロイドが使用されています。このようにステロイド系の成分が含まれているかゆみ止めを使うといいでしょう。

ただあまりにもかゆがり掻きむしってしまった場合は、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。

まとめ

犬が蚊に刺されないように100%防ぐことは無理ですよね。ただ飼い主さんはできるだけ犬が蚊に刺されないように気を付けることができます。できるだけ犬を蚊がいそうな場所に連れて行かない、虫よけスプレーなどを使うなどで犬が蚊に刺されないようにしてあげましょう。最近では犬用の虫よけスプレーもハーブを使ったものなどが販売されているので安心して犬にも使用できますよ。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)