爬虫類用の棚・メタルラックの選び方と人気おすすめ4選

爬虫類を飼育されている方の部屋の写真には爬虫類の飼育用ケースを棚やメタルラックに収納し、いつでも大好きな爬虫類と会える環境を作っていますよね。そこで爬虫類を収納しておくための棚・メタルラックの選び方と人気のおすすめ4選を紹介しましょう。

爬虫類用の棚・メタルラックの選び方

蛇やトカゲなどの爬虫類を飼育し始めるとどうしてもまた新しい個体が欲しくなるもの。でも爬虫類の飼育ケースを置くことができるスペースは限られています。そこで活躍するアイテムが棚やメタルラックですね。飼育ケースを棚やメタルラックに収納して飼育すると狭いスペースでも爬虫類の多頭飼いが可能になります。

1、正確な採寸が必要

爬虫類用の棚・メタルラックを選ぶときに最も大切なことは、正確に採寸することです。

爬虫類を飼育しているケースの外寸を正確に測ります。そのうえで購入したい棚やメタルラックの内寸を確認します。このとき注意する点は正確に採寸することです。

爬虫類は生き物です。餌を与える回数が少ないのでケース内の掃除を頻繁に行うことはありませんよね。でも定期的なメンテナンスは必要。

棚やメタルラックを選ぶときには飼育用ケースを取り出しやすいように飼育用ケースよりも少し大きめのサイズのものを選びましょう。

2、棚が可動式のものや重ねることができるものを選ぶ

棚の位置を簡単に調節できるものを選びましょう。棚の位置は飼育ケースや飼育環境によって違ってきます。

爬虫類用の棚・メタルラックでは棚の位置が簡単に変更することができるものを選ぶと飼い主さんがケースに合わせてメンテナンスしやすいように変更することができますよね。

3、頑丈なものを選ぶ

爬虫類の飼育ケースを多く収納するので全体として大変重くなる可能性があります。そのため棚やメタルラックは頑丈なものを選ぶと安心ですね。

棚・メタルラック人気おすすめ4選

ゼンスイ タフラック603027 爬虫類 昆虫 小動物 ケージ

 

爬虫類や小動物用のケージ一体型のラックです。このラックは同一商品を積み重ねて使用することができます。自由に設計することができるのがうれしいですよね。また専用のヒーターを取り付けることで保温することができます。

ハーベスト 小型温室 FHB-1508S ピカコーポレイション

 

ガラスは半強化ガラスで爬虫類の飼育にも最適な温室ラックです。ラックに電源がついているので保温のためのヒーターなどの設置も可能です。保温が必要な爬虫類飼育が簡単にできますよね。

専用の網棚版やクリア版、吊り下ライト、キャスターなどのオプションもあります。必要に応じて自分でカスタマイズできます。

また飼育ケースに悩んでしまうちょっと大きめの爬虫類も気軽に飼育することができるのはうれしいですよね。

IRIS メタルラック(ポール径25)

 

1500×610×1790のメタルラックです。奥行きがあるので爬虫類の飼育ケースを置くときに便利です。このメタルラックにはサイズがたくさんあるので飼育場所や飼育している爬虫類にあわせてピッタリのサイズを選びましょう。耐荷重が500㎏あるので爬虫類のケースを置いても安心ですね。

中量ラック300kg 単体

 

業務用のスチール製ラックです。単体を基本として数個のラックを連結して使うことができます。部屋に合わせて必要な棚を設計できるので自分なりにカスタマイズできます。

耐荷重が300㎏あるので重くなりがちな爬虫類のケースをたくさん置いても安心できますよね。

まとめ

爬虫類をたくさん飼育しているとどうしても上へ上へと棚が増えてしまいますよね。便利な棚を使うことで多くの爬虫類と生活できますが、近年は地震などの自然災害が増えています。棚やメタルラックを使用するときには大切な爬虫類を守るためにもしっかり転倒防止対策を行うようにしましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)