こんなにある!猫にとって危険な食べ物

欲しがるから・・・とつい上げたくなるのも分りますが、
それは本当に食べさせても大丈夫?
猫にとっては危険な食べ物かもしれません。
そんな食べ物をご紹介します!

次は何かな?

次は何かな?

玉ねぎ・長ネギ・にら

これらの、ネギ類には猫の赤血球を壊して貧血や血尿を引き起こす成分が含まれていることがわかっています。
この成分は、加熱してもほとんどなくならず、これらのものを含んだ食品を食べては絶対にいけないそうです。
このほかにもアクが出る野菜の春菊、ホウレンソウなどもアクの主成分である、シュウ酸が含まれていて
シュウ酸を取りすぎると尿石症になる恐れがあるそうです。

生のエビ・生のイカ・生の貝類

エビなどの甲殻類には肝臓に毒素があり、生のまま猫が食べると嘔吐や下痢を起こすそうです。
同じく生のカニも肝臓に毒素が蓄積されます。カニの場合は熱を加えてもこの毒はなくならないそうです。
生のイカは猫が生のまま口にすると体内で毒性を発揮し、嘔吐・けいれんを起こし、皮膚炎を起こす恐れがあるそうです。
同じく生のタコも有毒な毒素「チアミナーゼ」があり、消化も悪く胃腸に悪影響があるそうです。
そしてアサリ、アワビなどの生の貝類ですが、貝の内臓に含まれている「ビオフェオフォルバイトa」という
物質があり、間違って猫が口にすると光線過敏症(日光を浴び続けると耳等に炎症がおこる病気)の恐れがあるそうです。

スポンサーリンク

41151155_480x281

チョコレート・ココア

これら二つの原料に含まれるテオブロミンという成分が猫に中毒症状を引き起こすそうです。
下痢や嘔吐、けいれん等を引き起こします。やっかいなことに少量でもこの症状が引きおこる点。
猫がどんなに欲しがっても絶対に上げないでくださいね。
このほかに、アイスクリームやシャーベットも上げないでくださいね。
チョコレート入りなど与えると同じく中毒症状になるようです。
その他、糖分が高い為、肥満の原因にもなります。

ビール等のアルコール

人間でも飲みすぎると急性アルコール中毒になりますが、猫も多量に摂取してしまうと
同じように急性アルコール中毒なります。
泡がちょっと口についてそれを舐める・・・程度では大丈夫でもやはり手の届くところには
置かない方が無難ですね。

まとめ

これらの他にも、ワカメやノリなどのカルシウムなどのミネラル成分が含まれるものや、
パパイヤやマンゴー、そばなど人にもアレルギーを起こしやすい食べ物、カレー等の香辛料を
使った食べ物など猫が欲しがっても絶対に上げないようにしたいですね。
基本的には、人用に加工されたものは猫にとって、塩分が多く肥満、アレルギー等を起こしやすいそうです。
いつまでも愛猫が元気で過ごせるように気を付けたあげたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です