ニューファンドランドを飼いたい!性格や寿命は?値段や飼い方の注意点など。

超大型犬であるニューファンドランドはとても存在感のある犬種です。このニューファンドランドを飼ってみたいと考えている方のために性格や寿命、値段や飼い方の注意点などを詳しく解説します。

ニューファンとは?

ニューファンドランドはカナダのニューファンドランド島が原産の超大型犬です。日本では「ニューファン」という愛称で親しまれています。毛色はブラック、ブラウン、ランドシーアの3色です。ブラックやブラウンは胸に差し毛がある個体がおおいですよね。夜、散歩をしていると「ツキノワグマ」に間違われることもありますよ。

スポンサーリンク

ニューファンは元来ニューファンドランド島では漁師と一緒に仕事をしていた犬種なのでとても泳ぎが得意です。海難救助犬としても世界で活躍している犬種ですね。また、指の間に水かきのような膜があることでも知られています。

ニューファンの性格

穏やかな性格

見かけは体が大きいので怖そうなイメージですが、実はとても穏やかで優しい性格をしています。あまり怒ることがない犬種です。

学習能力が高い

いつも人間と一緒に仕事をしていた犬種なので、訓練性が高くしつけがしやすい犬です。とても覚えが早く学習能力が高いといえるでしょう。飼い主さんにはとても従順で、飼い主さんの気持ちを理解することができます。

甘えん坊で人が大好き

とても甘えん坊な個体が多く、いつも飼い主さんと一緒にいることを喜びます。また、人が好きなので誰にでも懐く個体が多いようです。そのため、番犬には向いていないといわれています。ただ、家族が大好きな犬なので家族の危険を察すると家族を守ろうとする行動にでることがあります。

ニューファンの寿命

ニューファンの寿命は平均して7年から10年です。超大型犬なので胃捻転や股関節脱臼などの病気に注意が必要です。また大動脈弁狭窄、心房中核欠損などの先天的疾患や拡張型心筋症などの心臓疾患にも気を付けましょう。

スポンサーリンク

ニューファンの値段

日本ではニューファンのブリーダーはとても少ないといえます。そのため子犬が産まれてもすぐに完売してしまうことがほとんどです。子犬を購入するときは、ブリーダーに予約をしておくといいでしょう。子犬の平均価格は30万円から40万円です。血統や個体によって価格が違うことがあります。

ニューファンの飼い方の注意点など

十分な運動が必要

ニューファンは超大型犬なので毎日一日2回1時間程度の引き運動が必要です。ただ暑さにはとても弱い犬種なので散歩の時間には注意しましょう。

とても泳ぐことが好きな犬種なので夏は海や川、プールなので泳がせてあげるといいでしょう。水を見るとすぐに飛び込もうとするので飼い主さんは気を付けましょうね。

被毛の手入れがたいへん

ダブルコートの被毛は、極寒のニューファンドランド島で水に入っても寒くないように十分な皮脂が被毛を覆っています。またアンダーコートは毛布のようなので毎日のブラッシングとコーミングが必要になります。お手入れをさぼってしまうとアンダーコートがフェルトのように絡まってしまいます。

また抜け毛が大量に出ます。とくに換毛期の抜け毛は激しいので覚悟が必要です。1回のブラッシングでスーパーの大きめの袋がすぐにいっぱいになってしまいますよ。

自宅でシャンプーするときは、被毛を十分に濡らして洗うことがとても大変です。シャンプーを自分でするときは時間がかかります。

よだれが多い

普通でもよだれが多い犬種です。とくに夏の暑い季節にはパンティングでよだれを多く垂らすので常に清潔に保つように心がけてくださいね。

室内飼育がおすすめ

人懐っこく、さみしがり屋で甘えん坊な性格なのでいつも飼い主さんと一緒にいることができる室内飼いがおすすめです。

また日本の夏のジメジメした蒸し暑さはとても苦手なので室内のエアコンの効いた部屋で飼育してあげましょう。

まとめ

体はとても大きいニューファンですが、穏やかで優しく飼い主さんに従順な犬種です。飼い主さんの気持ちを察することがとても上手なので、飼い主さんにとって最良のパートナーとなるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)