犬を飼い始めのストレス原因と溜めないためのコツ3選

犬を飼い始めたときに「こんなはずではなかった」と感じてしまう飼い主さんも多いでしょう。飼い主さんがいい子に育てたいと思うあまり一生懸命になりすぎストレスを溜めてしまうこともあるでしょう。そこで犬の飼い始めにストレスを溜めないコツ3選を紹介しましょう。

犬の飼い始めにストレスを溜めやすい飼い主さんの特徴

犬を飼い始めたときにストレスを溜め込みノイローゼのような症状を訴える飼い主さんがいます。最近ではこの状態を「育犬ノイローゼ」といいます。ここでは育犬ノイローゼになりやすい人の特徴を紹介しましょう。

スポンサーリンク

犬を初めて飼う人

犬を初めて飼う人は、事前に犬を飼うための準備を行っていても実際犬を飼い始めると想像していたよりも大変だと感じてしまうことが多いようです。そのギャップがストレスとなってしまいます。

完璧にしたい人

何事も完ぺきにこなしたい性格の人はストレスを溜めやすいといえます。このタイプの人はとても勉強熱心で本やインターネットで多くの情報や知識を取り入れています。

ただ実際に犬を飼ってみると本などで習得した知識では解決しきれないこともあります。完璧に何事もこなしたい人にとって、マニュアル通りにできないことはストレスとなりやすいといえるでしょう。

心配性の人

しつけがうまくいかない、悪いことばかりするなど犬の行動に一喜一憂することでストレスを感じてしまいます。とくに犬はちょっとしたことで嘔吐したりしますが、心配性の人は犬のちょっとしたことで体調が悪いのではないかと心配してしまいます。心配のあまりネガティブになりやすい人はストレスを溜めやすいといえます。

相談する人がいない

犬を飼い始めたときに家族の協力がなかったり、近くに犬を飼っている人がなく犬のことを相談する人がいない人もストレスを溜めやすいといえます。一人で心に悩みや不安をしまい込むことで心身ともに疲れやすいといえるでしょう。

スポンサーリンク

ストレスを溜め込まないためのコツ3選

初めて犬を飼う人は犬種選びを慎重にする

初めて犬を飼う人は特に犬種選びを慎重にすることが大切です。犬種にはそれぞれ特徴があります。犬種の特徴をしっかり考えて犬種を選びましょう。

一般的に初心者向きの犬種としては小型犬ではトイ・プードル・ヨークシャー・テリア・ミニチュア・ダックスフンドです。大型犬ではラブラドール・レトリバーなどのレトリバー系の犬がおすすめです。

基本的には犬種の特性として社会性の高い犬種を選ぶといいでしょう。また親犬の性格も大切なので、ブリーダーから購入するときは親犬も見せてもらうといいですね。

マニュアルはあくまでも参考と考える

子犬の飼育は、飼い主さんの思い通りにならないことがほとんどです。子犬を迎える前に本などで調べてもその通りになるとは限りません。また子犬の性格によってはすぐに覚えることができないかもしれませんよ。

犬のしつけは特にマニュアル通りにいかないと考えておくことが大切です。しつけのハードルを低く設定し、子犬ができたときは大げさなくらい褒めてあげましょう。犬の性格は犬種とともに個体によっても違いがあります。愛犬の性格をしっかり見極めることが大切です。

相談相手を見つける

困ったときや悩んだときに相談できる人を見つけましょう。ブリーダーによっては気軽にしつけなどの相談に乗ってくれることもあります。またドッグランなどやお散歩のときに「犬友達」を見つけるのもいいでしょう。

また同じ犬種を飼っている人や犬を飼っている近くの人などに悩みを聞いてもらうのもいいでしょう。また近くに相談できる人がいないときは、「犬の幼稚園」などしつけ教室へ行ってみることもいいですね。しつけや訓練のプロに相談することも大切です。

まとめ

犬の飼い始めにストレスを溜めないためには心にゆとりを持つことが大切です。飼い主さんの気持ちは犬に伝わってしまいます。飼い主さんが悲しいときは犬も悲しいのです。いつも明るい飼い主さんでいることができるようにできるだけストレスを溜めないようにしましょう。

(Visited 11 times, 1 visits today)

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)