マンション一人暮らしでも飼いやすい猫の種類おすすめ6選

最近の猫ブームでマンションの一人暮らしだけど猫を飼いたいと考えている方がいることでしょう。でもマンションだと鳴き声や猫の足音などが周囲の方に迷惑にならないか心配ですよね。そこでここではマンションの一人暮らしでも飼いやすい猫の種類を詳しく解説しましょう。

猫種の選び方のポイント!

ペット可の物件を選ぶこと

どんな猫にするかを考える前に今自分が住んでいるところがペットを飼育できるかどうかを確認しましょう。

スポンサーリンク

ペットの飼育ができない物件で猫を飼育することはルール違反になります。トラブルの原因になる可能性があるのでしっかり確認することが大切です。

猫種選びの3つのポイント

一人暮らしのマンションで飼う猫種を決めるときは次の3つのポイントに注意しましょう。

  • あまり鳴かない猫

マンションでは猫の鳴き声は思いのほかよく響くことがあります。

  • 性格がおとなしく穏やかな猫

飼い主さんが留守の時、おとなしく待つことができることが大切です。

  • 活発に動き回らない猫

遊び好きではしゃぐことが好きな猫種は、マンションにはおすすめできません。猫の足音は思いのほか隣や下の階に響くものです。

マンションの一人暮らしでも飼いやすいおすすめの猫種6選

この3つのポイントを考えながらマンションの一人暮らしでも飼いやすいおすすめの猫種を6選紹介しましょう。

ロシアンブルー

鳴かない猫(ボイスレス)として知られているロシアンブルー。性格もおとなしくマンションでの飼育には最適です。

ただ全く鳴かないというのではないようです。自分の欲求(ごはん!ここ開けて!遊んで!うれしい!)を飼い主さんに伝えたいときに本当に小さな声で鳴くことがあります。

関連記事)ロシアンブルーを飼いたい!性格や寿命は?値段や飼い方の注意点など。

シンガプーラ

世界一小さい純血種の猫として最近とても人気の猫です。大人でも2,3㎏にしかならないのでマンションでも飼育しやすいでしょう。

とても人懐っこい性格なので帰宅したときはしっかり遊んであげることが大切です。ほかの猫種と同様デリケートな性格なのでストレスを抱えないようスキンシップを大切にしましょう。

普段はおとなしいのですが、遊び好きな面があります。ただ体重がとても軽いので遊んでもさほど気にはならないでしょう。

スポンサーリンク

エキゾチックショートヘア

ペルシャがショートヘアになった猫です。そのため性格的にはペルシャとほとんど変わらないでしょう。

穏やかでお留守番が得意なところはペルシャと同じですね。ただペルシャよりも少し活発なので飼い主さんが遊んであげることが大切です。

ラグドール

ぬいぐるみのような猫です。おとなしい性格の個体が多く、人懐っこいですね。飼い主さんに抱っこされることが大好きなタイプの子が多いでしょう。

大型の猫なのでおっとりとした面があります。またあまり鳴くことがないことも飼いやすいポイントでしょう。鳴き声もさほど大きくないということもマンションでも飼いやすいですね。

関連記事)ラグドールを飼いたい!性格や寿命は?値段や飼い方の注意点など。

メインクーン

世界最大の猫として知れているメインクーンです。またもっとも飼いやすい猫ともいわれています。性格が穏やかで優しい性格です。また社交的なので友達などが遊びに来ても大丈夫ですね。

体が大きいからなのかあまり活発に動き回る猫ではありませんが、運動不足にならないよう高さが低めのキャットタワーを用意してあげるといいですね。

関連記事)でかい!メインクーンの体重や性格は?販売価格の相場と飼育方法を解説します

ペルシャ

穏やかで落ち着きのある性格の個体が多いといわれている猫がペルシャです。1匹でまったりとしながらお留守番することを得意としています。

長毛種で被毛が絡まりやすいので毎日のブラッシングが必要です。

まとめ

一人暮らしで家に帰ったときに最愛の猫が迎えてくれるだけで本当に癒されますよね。とくにここで紹介した猫種はマンションでもとても飼いやすい猫種です。これから一人暮らしでマンションに住んでいるけれど猫を飼いたいと考えている方にはおすすめの猫たちです。ただ猫は平均寿命が15年ととても長生きします。最後まで猫の世話ができるかどうかをしっかり考えることが大切ですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)